s16 最終460位 パニックディアサンダー

f:id:lark_hearts:20210404001906j:plain

はじめまして。ヒバリと申します。

今回はポケモン剣盾ランクマッチs16において、

自己最高順位を更新することができたので需要があるか分かりませんが記録します。

構築記事を書くのは初めてなので、生暖かい目で閲覧いただければと思います。

 

以下常体

 

【結果】

TNつぐみ:最終460位

 

【コンセプト】

相手の禁止伝説をメタり、こちらの勝ち筋を押し付ける

状態異常(パニック)を多用し、サイクルを有利にする

 

【構築経緯】

①禁止伝説のポケモンはある程度型が読みやすく、メタられやすいことが弱点であると感じたので、読まれにくいであろう鉄壁ボディプレスディアルガから組み始めた。

ディアルガが弱い地面・格闘に耐性を持ち、静電気の運ゲーや程よくサイクルを回すことができるHBゴツメサンダーを採用。

③パワーのあるランドロスや、初手ダイマなどに弱いと感じたので、これまた運ゲーができる鬼火電磁波ドラパルトを採用。

④電気と水の一貫を切り、サイクルを有利にできる貯水ガマゲロゲを採用。

⑤黒バドレックスに不利対面をとったときに試合が終了するので、チョッキガオガエンを採用。

⑥ザシアンを上からたたくことができ、ここまでで辛いホウオウをぶっ飛ばせるストーンエッジガラルヒヒダルマを採用。

 

【個別紹介】

ポケモンカード】 ディアルガ | トレカの激安通販トレトク【公式】

ディアルガ@たべのこし

性格 図太い

特性 プレッシャー

技 ラスターカノン かみなり ボディプレス 鉄壁

実数値 203(220)-126-189(252)-170-120-115(36)

調整意図

S 同族意識 最速白バドレックス+3

B 特化

H 余り

禁止伝説枠かつ相棒枠。この個体は筆者が小学生の頃にプレイしたダイヤモンドから約15年の時を経てガラルにやってきた。2つ名はシンオウチャンピオン。エモい。

調整はS15の構築記事にいたディアルガより早く動きたかったのでSに少し振った。

ミラーで上を取られることは少なかったし、硬いカイオーガやホウオウの上も取ることができたので正解だったと思う。

技構成に関しては、コンセプトの鉄壁ボディプレス、ダイマして防御を上げられるラスターカノンまでは確定。最後の枠はカイオーガへの打点、麻痺ワンチャン、受けループ崩しなどを評価しかみなりを採用。

ムゲンダイカップでメガネディアルガが優勝したせいか、読まれることが少なくイージーウィンを量産した。

耐性・ステータスが優秀なので強引に積むことができるのが強み。

単体でも強いが、裏のサポートを受けて真価を発揮するポケモンだと思っているので、後述のポケモンたちはディアルガのしもべ。

 

 

 

f:id:lark_hearts:20210401214326p:plain

サンダー@ゴツゴツメット

性格 図太い

特性 静電気

技 ボルトチェンジ 暴風 かいでんぱ はねやすめ

実数値 197(252)-*-150(252)-145-111(4)-120

調整意図

 HB 特化

D 余り

パニック枠① テンプレの型。ウーラオスとザシアンに麻痺を入れるのが主なお仕事。

麻痺が入るとディアルガが積める範囲が格段に広がるので、HP1でもあれば役割を持てる。

初手ダイマラプラスにかいでんぱを入れると高確率でザシアンに引いてくるので、はねやすめよりボルトチェンジ安定。

 

 

f:id:lark_hearts:20210401220644p:plain

ドラパルト@きあいのタスキ

性格 臆病

特性 すりぬけ

技 流星群 祟り目 鬼火 電磁波

実数値 163-*-95-152(252)-96(4)-213(252)

調整意図

CS 特化

D DL対策

パニック枠② 初手ダイマや受からなそうなポケモンが先発に来そうなときに出す。

鬼火と電磁波を駆使し、ディアルガのサポートをする。

ザシアンやウーラオスには鬼火より電磁波を優先した方がディアルガが積みやすくなる。

呪い入れたいけど流星群外すとムゲンダイナきついし技スぺが足りない。

 

 

f:id:lark_hearts:20210404001624p:plain
ガマゲロゲ@オボンのみ

性格 慎重

特性 貯水

技 地震 パワーウィップ ステロ 毒

実数値 212-115-105(76)-*-129(180)-94

調整意図

どこかのパクり

パニック枠③ カイオーガには絶対選出する。

カイオーガに後出しからステロか毒を撒くことで構築の火力不足を補える潤滑油。

パワーウィップディアルガがヌオーに弱いので採用した。

こいつがいるだけで相手はカバルドンランドロスを出しづらくなる(はず)のでディアルガとの相性はかなり良い。

サンダーにもある程度戦えるので選出はしやすいが、起点にされやすいことには注意。

 

 

 

 

f:id:lark_hearts:20210404001705p:plain
ガオガエン@突撃チョッキ

性格 生意気

特性 威嚇

技 フレアドライブ バークアウト うっぷんばらし とんぼ返り

実数値 202(252)-135-111(4)-100-156(252)-58(個体値0)

調整意図 

HD 特化

S カバルドンラグラージの下から動きたいためなるべく遅く

黒バドレックスに後出しから勝てるので採用した。

シーズン中盤まではチョッキバンギラスを使っていたが、あまりにもウーラオスが重い、読まれやすいと感じたのでガオガエンに変更した。

炎技は選択肢が多いが、ゼルネアスに少しでもダメージを与えるためにフレアドライブを選択。が、一度も勝てなかった。

 

 

 

f:id:lark_hearts:20210404001737p:plain
ガラルヒヒダルマ@こだわりスカーフ

性格 陽気

特性 ごりむちゅう

技 つららおとし フレアドライブ ストーンエッジ とんぼ返り

実数値 180-192(252)-75-*-76(4)-161(252)

調整意図

AS 特化

D ダウンロード対策

スカーフ枠 環境上位のポケモンに有利を取れるので採用。

しかし、相手にもヒヒダルマがいたり、カプレヒレの数が増えたので扱いが難しいポケモンであった。

ホウオウはだいたい初手に出てくるので祈りを捧げてからストーンエッジを打つ。

耐久型ムゲンダイナは麻痺をいれてこいつで怯ませるしか勝ち筋がない。

 

 

【あとがたり】

今シーズンは今までよりかなりメタを意識したパーティを使い、結果的に自己最高記録で終了することができたので個人的には満足している。

しかし、リアルが忙しく対戦は60試合ほどしかこなしていないので、もう少し上を目指せたのかなあとも感じている。

また、環境最上位禁止伝説(ザシアン、カイオーガ、黒バドレックス)には対策を用意したが、ルギアやゼルネアスなどマイナー気味な禁止伝説にはほとんど勝てなかったので、パーティの改良はまだ必要だと思う。

来シーズンもディアルガと共に高順位を目指していきたい。

 

ヒバリ (@Lark_hearts) | Twitter

Twitter始めてみました。今まで一人でポケモンやってたので一緒に遊んでくれる人いたらクリックお願いします。Twitter初心者なので大目に見てください。。。